自己ベストを目指そう☆


ロード





中3のAさんと 初めて会ったのは2ヶ月前。

中学校の担任の先生から

「今の成績では、私立高校はどこも合格できない。」
「公立高校も、志望校は無理でしょう。」

と言われて

どうしよう、、、ということで




知人に、サミートスを紹介され

いっしょに勉強し始めたAさん。





出会ったあの日から

ほぼ毎日

年末年始も

サミートスの

ワンコイン学習会や

自習室に来てくれて




見事、私立高校に合格できました!!!

おめでとう。本当に、よく頑張りました。

素晴らしいです。

朝日




まだまだ本命に向けて

道は続いていくのですが

きっと、大丈夫。





だって・・・。


「勉強、わかるようになって、楽しいでしょう・・・?!」

って、聞いたら

笑顔で、「うん!!」って、答えてくれるAさん。

この笑顔が、大丈夫の証。

できなかったことが、できるようになる。

これは、本当に幸せで、うれしいことでしょう♪♪♪






この2カ月、サミートスで

行った学習指導を、お教えいたします。




Aさんのように

” わからない " 状態とは

これからのぼっていく階段の一歩一歩が

高い壁のように感じてしまっている状態のこと。



そう感じている生徒に対して

「普通これくらいは、楽にのぼれる高さの段差なんだよ。」
「あなたの努力が足りないのだよ。」

って、言われても、辛くなるだけ。



エネルギーの源である " 自己肯定感 " を

全く持つことはできない。






一段一段の高さが

高すぎて、どうすることもできない。



それならば、その一段を小さく砕いて

10段にしましょう。

小さな段なら、ほら。楽しくラクにのぼれるでしょう・・・!

苦手な学習内容は

目標を低く、スモールステップに与えていく。

個別指導ならではの、重要なポイント。





それを毎日10日続けたら・・・

10日前とは別の景色。

あんなに高くそびえていた「一段の階段」

いつの間に、のぼることができているのです。

それはそれは、うれしい!




そして・・・。

いっしょに勉強を進めていったら

Aさん♪♪ テレビが大好きだからか

一般常識がきちんと理解できるのです。



だから、なんと!「公民」は

” 普通の段差の階段 " を

一段抜かしで

かけあがっていくではありませんか!



Aさん本人もびっくり☆

ホントうれしいうれしい。

自信につながる。



個別指導、重要ポイントその2。

この一段ぬかしにできるような、得意となりうる内容は

絶対に、階段を小さくしてはいけない。

寄り添いちょっと高い階段にチャレンジさせてみる。

少し意地悪する位。



芽生えてきた向上心を

さらに上に持っていくために

少しずつ基礎から応用レベルに導いていく。






歩みは、ゆっくりでも

確実に階段をのぼっている実感。



「ほら、2ヶ月前は、この問題がまったくできなかったんだよ。」
「Aさん、すごいんね。ホント毎日頑張ってきたものね。」








受験は、合格・不合格という

どうしても

結果がついてしまうもの。






でも、いいじゃない。

今やっていることが

常に自己ベストでいられるのならば。




結果より

自分自身の目標に向けて

頑張っている日々の時間こそが

本当に価値あるものだと思います。





私は、Aさんから

この2カ月、そんな素敵なことを教えてもらいました。

ありがとうAさん!!!

今、頑張っている日々の時間は、

きっと一生の宝物になるでしょう。





私も、宝物です。

本当に、ありがとう。





























誰にだって世界一がある



〜 誰にだって世界一がある 〜





本日、私

50歳になりました。



おおぉっ~!!

何か重みがちがう気がします。

ふっきれた感じ。





40代 ( 昨日ですが・・・) もがいていました。

自分と家族 そして、その周りの人々の幸せを願って・・・。



さあ、50代。

やるべきこと、私ができること。

次世代の方々に向けて。

世の中の人々に向けて。



私しかできないことを、伝え、つないでいく 

そんな時間の過ごし方をしていきたい

強く、そう、思う 本日。50歳の誕生日。




タイトルの
「 誰にだって世界一がある 」




これは、自分の子どもたちに

教え子たちに

そして、保護者の方々に

よく語る言葉です。





「何が、自分にとっての世界一になりうる何か。それを探すのが、ミッションだよ。」





私にとっての世界一は
個別指導☆愛!




何よりも、大好きなお酒よりも


子どもたち、一人ひとりに

その子に合うように、わかるように

学習の楽しさを伝える。




学習内容がわかるようになって

嬉しい顔、輝かしい顔に、なっていく・・・

個別指導で、その横顔を見ることができるのが

何よりの至福なひとときなのです。




そして、その様子を、保護者にお伝えできる

私だけの特権♡

お母様、お父様 祖父母のみなさん

お子様がのびていくことは、何より嬉しいこと☆




そんなダブルの幸せが、いただける

1対1の個別指導☆愛

私の世界一です(*^_^*)/








サミートスでの個別指導だけでなく

教員をしていた時や

大手学習塾の講師の時に

出会った保護者の方々と接していて

気づいたことをお伝えします。

大切なこと。

次世代に伝えるべき大切なミッション。



これから子育てをしていく方々

子育ての渦中の方々にぜひ

お伝えしたい。






子どもたち、一人ひとりには

必ず世界一があるのです。



でも、それは、

みんなが同じではない。

一般的に想像できる才能で、ないかもしれない。

親の都合で

子どもの能力をはかる “ ものさし ” を

きめつけないでいただきたい。

切にそう思います。



一般論でいいます。

ほとんどの保護者の方が

勉強は、小さなときから

きちんとしたところでしっかりと学ばせておけば

高崎でいうと、高崎高校や高崎女子高校に入学できると

信じている方が、かなりいるのです。


できないのは

本人の努力が足りなかった、また

私(ほとんどの場合母親)がきちんとしていなかったから。

子どもを責めて、自分を責めて、後悔していく。



それでも

中学に入ってからも

まだ後悔していて、その2校への合格率のよい

大手の学習塾に入れようとする・・・。





でも、想像してみてください。



例えば、お子さまが運動が苦手だったとする。

でも 「僕は、体力づくりをするために、3年間がんばるよ。」

お母さまは、その子を3年間応援していくでしょう。



高崎高校や高崎女子高校に入学するということは

運動部でいうと、人数比でいうと県大会出場に値することだと思います。



3年間体力づくりのために、運動部でがんばる子には

県大会に出場できなくても 

「できないのは

本人の努力が足りなかった、また

私(ほとんどの場合母親)がきちんとしていなかったから。

子どもを責めて、自分を責めて、後悔していく。」

とならないのに



どうして

勉強については、

小さい時からきちんと学べば

日々努力すれば、 “ 県大会に出場できる ”

って思ってしまうのでしょう。




子どもたちを見つめる

その “ 色眼鏡 ”、 “ 誤ったものさし ” を

どうか、なくして、ほしい。




子どもたち、一人ひとりに

必ず世界一があるのです。

そして、こどもたち一人ひとりに

それぞれの、成長の仕方があるのです。



人それぞれ、みんな違う。

オリジナルな個性のある歩みは

とても素晴らしく、楽しい道のりです。

寄り添っていると、本当に愛らしく感じます。

みんな、自分の人生を懸命に生きています。



みんなの未来は

みーんな、輝いている !(^^)!

私は、そう、思います (^_-)☆☆☆







サミートスの野望


NHKおはよう日本♪

本日放映されました(*^_^*)




おかげさまで、反響が素晴らしく

取材していただき

ホントありがたい限りです
♡♡♡






ブログの検索数も、急増。

テレビの影響のすごさをあらためて感じます。









サミートスに注目の集まっているこのチャンスに

さらに

2つの野望をあらためて宣言したいと思います。







空



①サミートスは、
鞘町のこの “給食カフェ&ホッとスペース”が1号店
 どんどん増やしていきたいです!



②ボランティア中心のNPO法人でなく 
きちんと仕事として勤務できる
 法人にしていきたいです!

 




サミートススタッフは

70代が2名、60代1名、50代2名、私がかろうじて40代、30代後半1名

合計7名です。



スタッフのみなさん、とっても優秀で

自分の創意工夫と意志で動くことができ

さらに、相手の立場になってモノを考え

他の人に優しさを 与えることができる人が集まっています。




平均年齢 58歳。

この年齢だからこその、包容力。

安定感。

厚み。




また、いろいろな年齢の意見がぶつかり合えるからこそ

全く世界中探しても、どこにもない、

いちからオリジナルに積み上げたサミートスが あるのです。



お客さまも、2か月の赤ちゃんから、90代のおばあちゃままで

この年齢幅の広く、人生経験豊富なスタッフだからこそ

受け入れることができるのでしょう。



スタッフたちは、なんていっても

サミートス一番の宝です!!!!!







しかしながら・・・

一般的に、この年齢の方は

再就職が難しい方々です。

せっかくの宝が、世の中、活かされていないのです。




お子さまや、あるいは、お孫さんからも

手が離れて、

でも、あふれる愛情を持っていて

他の人に、優しさを注いで、それが役に立つことが

嬉しくてしかたがない人たち。






一方で、子育てに仕事に大変なママやパパ

または、会社の仕事に疲れて帰ってくるサラリーマン

一人暮らしの方々

学業に部活に忙しい学生

手作りで栄養バランスの整った食事を求める方々



そういった

優しさを注いでもらいたい人たち





サミートスの仕事は

そういった需要と供給が合うところで

成立することができる!



そう確信しています。


















わたくし、今田は

育成会 (子ども会)の小学校区の会長を数年していました。


子どもが4人いますので、小学校保護者生活13年。




今から、15年前から2、3年前まで

その現場の渦中でした。






他の保護者たちと

地域の子どもたちのために

イベントを企画したり

行事を行ったり・・・






そこでわかったことは

みんな、体制さえできていれば、

他人に優しくしたり

自分のしたことが他人に役立つことが

嬉しい(*^_^*)




お母さんもお父さんも

キラキラ輝いていて、

自分の子ども以外の

地域の子どもたちの世話を

喜んでしていました。




それは、初期のころ15年前。

娘が子小学校1年生。

当時は

母親がフルタイムで働く人はまだ少数派でした。

育成会の加入率も90%以上で

地域のコミュニケーションやネットワークが

まだ、存在していました。







13年間の間、

育成会の加入率は激減し

私の住む町内は、育成会は6年前、休止になってしまいました。






様々な理由で、働く、あるいは働かなければならない母親が増え

育成会との両立は、むずかしい、

主な理由はそこでした。




残った少ない人数で、役員の仕事をこなすのは

本当に大変で

育成会役員という “ボランティア” に

子どものため、存続させた方がいいとわかっていながらも

人は集まらなくなっていったのです。







失ったものは、本当に

本当に

大きかったです。







だからこそ、私は

自分の13年間の夢である

サミートスに

その喪失感を加えました。






“仕事になる育成会 のようなものをつくりたい!!!”






“育成会で、役員をしてキラキラ輝いていた

お母さんたちの能力を活かしたい!”






例えば、



〇〇地区で、サミートス待望のオープン!

賛助会員 個人1000人
賛助会員 法人会費や寄附 が集まり

地域のパワフルおばさんの仕事場にもなり

地域の集いの場、食堂、寺子屋にもなり・・・
 



そんな連鎖が続いていけるよう☆☆☆


まずは、今、成功しなくては!!!



そう、野望を抱いています。














オープン1年半 です。変わらぬ志☆



サミートスオープン 1年半です。




ほぼ同時期に高崎市内で開店した飲食店が

かなりの確率で店じまいしてしまっている中

なんとか続けることができています。




ひとえに

支えていただいている皆さま

関わっていただいている方々のおかげです!

本当にありがとうございます。









暖簾

2015年12月 オープン当初から

サミートス店頭にかかげている

“ 日除け暖簾 ” です。









「 私たちは 心のキャッチボールができる
 居場所づくりをめざします 」


「手作りごはん  自習室   キッズルーム 」


「心も体もホッとできる集いの場 
 みなさんどうぞお越しください 」








常連のお客さまが

よく私を からかいながら

冗談っぽく言われることがあります。




「今田さん、そのまま臨時の教員をしていたら

こんなに大変な思いをしないですんだのに・・・!」







笑いながら、その場をやり過ごすのですが

その言葉を聞くたび

ある女の子のことを思い出します。








私が教員をしていた時に

お母さんから、虐待を受けていた女の子がいました。

虐待と言っても、“ 言葉の虐待 ”。

お母さんは機嫌が悪いと

「お前なんか・・・・・!」と始まってしまうのです。

( とても文章では書き表せません。)





私は、国語や算数を教えながら、その女の子のそばに近づいたとき

「私はあなたが好きだよ」

「あなたがいることがうれしいよ。」

と、心の中で、全力で言葉を投げかけていました。

愛情のビーム・・・!!!

そうすることで、月、火、水、木、金・・・と

だんだん女の子の瞳が輝きを増していくような気がしていました。



しかしながら。。。

土曜日と日曜日

お母さんにまた どなられて・・・

ブルーな月曜日に元通り。

そんな日々でした。






そんな女の子のお母さんも

実は、同じような育てられ方をしていたのです。

負の連鎖。

愛情の表し方がわからない。

感情の処理の仕方。他の方法を身につけていない。

その現実を知り、痛感したとき

子どもたちではなく、お母さんを抱きしめてあげたい・・・!!

そう誓ったのです。









サミートスは

お母さんをはじめとする

子育て中のみなさんを支える 子育て支援カフェなのです。





お母さんに元気になってもらいたい!





そのために、私たちスタッフは

お話を聴いたり

栄養のあるものを提供したりして

お母さんを大切に大事にやさしくしてあげたい。



もしかしたら

そんな中で

お話を聴いてもらうのって、こんなに嬉しんだ

大切にされるのって、こんなに幸せなんだ

って 感じることで





自分の子どもや、他の誰かに

やさしさをプレゼントできる

きっかけになれるかもしれない。




愛情のエネルギータンクの穴が

少し修復されて

元気を貯めることが

できるようになれるかもしれない。





サミートスでたくさんの

お母さんと関わって・・・



教員のときにできなかったことが

今、少しずつですが

できている

うれしい時間を積み重ねている

そんな手応えを日々、感じています。




















外観

元気なときも、元気でないときも

いつでもぶらりといらしてね!


あたたかな気持ち・心のキャッチボールができる居場所







そんな思い

志で、

明日からまた

サミートス オープンしていきます!(^^)!




これからもどうぞ、よろしくお願いいたします。


















大学の同期のみなさん❤️ ありがとう〜(*^^*)


キッズルーム





4月1日

キッズルームに

30年前に通っていた

大学のサークルの同期が集まりました(*^^*)






結婚式


様子は、こちらで ❤️❤️❤️ ↓↓↓
http://home.samiitosu.org/e381909.html





大学同期のI 君の結婚披露宴が

東京の椿山荘で行われるため

同期メンバーが、関東に大集合!






そのうちお子様を含めると13名が

披露宴の前日と前々日に

群馬県高崎のサミートスに

はるばる来てくれました(^。^)!







大学時代

熱く同じ夢を、追いかけていた

大切な仲間たち❤️

そんな彼ら彼女らが




私が、13年間あたためて

ようやく叶えた夢のキッズルームに

全国から集まってきている!!!!


本当に夢のような瞬間でした(≧∀≦)










もちろん、給食風メニューや揚げパンも

食べていただいきましたよ〜(^_-)☆

大好評でした♫




山形で管理栄養士をしているMちゃん!

美味しい❤️って言ってくれてありがとう(*^^*)

プロにほめてもらえて恐縮です。






あらためて 今の時代に感謝!!!

みんな遠い場所に生活しているのに

SNSのおかげで、みんなの頑張っていることを

それぞれなんとなくわかっていて

ずっとつながり続けていることが出来る(^^)





私がしているサミートスも

みんな、いつも応援してくれていて

こうやって、実際に集まって

激励してしてくれる(≧∀≦)





みんなのおかげで、スッゴイ

力をもらえたよ〜!!!

本当にありがとう(*^^*)!










一番、感激したことは

B君が、スタッフのKさんに

深々とお辞儀をして

( まさに、直角に お辞儀 ! )

「 裕子がいつもお世話になっています。

本当によろしくお願いします! 」

て、言ってくれたこと・・・☆☆☆


サミートスマーク積み木






30年前、同じ夢を叶えるために

群れて、盛り上がっていた

愛しの大学の同期メンバー から






今、サミートスという

進化途中の、私の大きな夢を

支えていただいている

愛しのスタッフたちが




まるで、バトンをパスされているように

思えてしまいました。






昔から、変わらず

成長なく(^^;; 行動力だけがとりえな私

あぶなっかしさを

いつも、まわりのみなさんに支えてもらっています。

今も、昔も

ずっとずっと・・・。







みなさん、本当にありがとうございます❤️❤️❤️

これからも、日本中から

応援をよろしくお願いいたします♫

一歩一歩、出来ることから

進んでまいります。

見ていて、くださいね〜 (^_-)☆☆☆













お子様の成績を上げるためにその2(*^^)/



前回のつづきです。


ガソリンがからっぽの、“自己肯定感”のない生徒

残念ながら、前進することが、難しい・・・。

本人は、一生懸命、進もうとしても

エネルギーが無く、力尽きてしまいます。







そして、その生徒には、共通して

ガソリンタンクに穴を開ける存在がいるのです。



それは、多くの場合 “自己肯定感” のないお母さんなのです。





登れない





ある例として

こんなことがありました。



いつも5教科の平均が、10点台のA君

理科の化学の分野に興味を持ち

それでは、化学の山を登っていくか~(*^^)v❤

と、取り組んでいきました。





     ☞☞☞ 
      学習の取り組み方については
      「サミートス店長のブログ」
      理科・社会 学習サポート
      http://samiitosu.gunmablog.net/e374429.html を
      ぜひご覧くださいね(^^)/


山①










いつもは、10点台の得点しかとれないA君

その時の定期テストは、20点アップの30点台をとれました!

中学校の理科の先生にも、「今回、がんばったな!」とほめられ

本人も喜んでいたのですが・・・




彼のお母さんの言葉は

「そんなので、ほめないでください!

だからこの子、ダメなんですよ。

だって、まだ37点ですよ・・・!」


でした。









まわりの人間がいくら

A君をほめて、勇気づけて

ガソリンを補充して、車を走らせようとしても




いつも身近にいる

お母さんが

ガソリンタンクに大きな穴を開けてしまうので

A君は、走ることができなくなってしまうのです(>_<)






あじさい




私が生徒の成績を上げるために、一番効果的だったのは、お母さんの自己肯定感を高めてあげることでした。





今の時代、まだまだ学歴重視の社会です。

勉強が苦手なお子様を持った

お母さんたちは

とても、苦しんでいます。

まじめな方ほど、その苦しみは大きく

自分を追いつめてしまいます。


自己肯定感がなく問題なのは、

実は生徒たちよりむしろ
お母さんたちなのです。





私たちサミートススタッフは

いつも、お母さんたちに

「いい子に育っていますよ。」
「前できなかったここが、今日はしっかりマスターしましたよ。」
「いい調子に前進していますよ!」
「〇〇ちゃん、今日もしっかり頑張っていましたよ~!」

と 声をかけています。



そんな声かけで、お母さんたちを、元気づけることができたら・・・

そして家に帰ってから

「聞いたよ、ずいぶん頑張っていたって・・・!」

と、お母さんがお子様・生徒たちに

ガソリンを補充してくれるようになったら・・・。





実際に

お迎えに来るお母さんに向けて

今日の生徒の頑張りを

お伝えする時間を毎回少し取るようにしたら

その子の成績が上がっていったのです。





“自己肯定感”というガソリンを

お家で、空っぽにされてしまってから

学習にのぞむか。



満タンな状態で、やる気マンマンで

学習にのぞむか。


両者は、同じ1時間半の個別指導をするのにも

天と地もの差があるのです。






お花




お子さまの成績を上げるために、お母さんが出来ることがあります。
いえ、お母さんにしか出来ないことがあるのです!






お母さん(*^_^*)

ぜひ、自分で自分をほめることができるようになってください❤

そして、その姿を、お子様たちに見せてください。




頑張ることも大切ですが

ほっと一息ついて

自分自身の、今の頑張りを認めることが大切です。





長い階段を昇っていき

踊り場で休憩 \(^^)/

ふと下を眺めて・・・


どれだけ自分が

以前よりも高い位置にいることができているか

実感してみましょう。



日々の小さな成長を喜び

自分を誇らしく思ってください(*^^)v




「私は、今、ベストを尽くしている!
今の状態、OK!
さあ、次も、前に進むぞ!」って、


ご自身を肯定してあげてください!(^^)!






そんな親の姿勢を見せていくことが

お子様たち生徒たちが

自分自身の“自己肯定感”というガソリンを貯めていく

大きなきっかけになります。





頑張っているお母さんたちへ (*^^)v

私たち サミートスは

そんなみなさんを応援していますよ~!












お子様の成績を上げるためにその1(^^)


お子さまの成績を上げるために、お母さんが出来ることがあります。




昨年の10月まで、私は、大手の個別指導の塾講師をしていました。

今まで家庭教師も含め、50人あまりの生徒の個別指導の経験があります。

そこで、5教科の平均点10~20点台の生徒の指導を

何人もしてきました。

ひとりひとりの生徒と接し、そこで気がついたことがあります。













同じ3か月で

成績が
グーーーと上がる子

いっこうに変わらない子がいるのです。



この原因は何だろう・・・?





積み木 車








生徒を、自動車に例えると



教員や塾講師は

成績アップさせるために

エンジンの改良をしようとします。



悪いところを修理し

受験に間に合わせるように

ターボエンジンを搭載して

勉強のやり方やテクニックを教え

叱咤激励して、指導していきます。







しかしながら、同じように、エンジンの改良をしても

グーーーと走る車

いっこうに走らない車があるのです。



どうしてでしょう・・・?




登れない








それは、

自動車にガソリンが入っているかいないか なのです。

燃料切れでは、どんなにいいエンジンにパワーアップさせても

前に進むことができません。










それでは、人間において
ガソリンにあたるものは、何でしょう。








私は
自己肯定感だと思います。






”自己肯定感”
自分で自分のことを、OK!だと思える生徒

ガソリン満タンで、元気よく、学習に取り組むことができます。





スタートが、例えば平均17点だった生徒も

勉強内容がわかるようになってくると、

「 俺って、すごい・・・!やばくね~(*^^)v 」って

大喜びしてくれて、より難しい内容にチャレンジして

どんどん高みを目指します。

たった3か月でも、結果がばっちり出てきます。

教師として、嬉しい限りです❤







一方で
ガソリンがからっぽの、“自己肯定感”のない生徒

残念ながら、前進することが、難しい・・・。

本人は、一生懸命、進もうとしても

エネルギーが無く、力尽きてしまいます。




そして、その生徒には、共通して

ガソリンタンクに穴を開ける存在がいるのです。







☞☞☞ つづく


















創業支援セミナー 「感謝の気持ち」     


高崎市産業創造館にて、創業支援セミナーの講師として

体験談を語ってきました(*^_^*)





ちょうど一年前・・・

同セミナーを夫と二人で受講し

思い描いていた夢がいっきに現実のものへと加速することができました。

あれから、一年間・・・。

早いものです(*^^)v






「給食カフェ&ホッとスペース samiitosu 代表 今田 裕子 氏 」

として、紹介していただき、およそ40名の方に

起業した思いやこの半年のことを語ってきました。














いろいろ取り留めもないことを、だらだらとお話してしまったのですが

一番、伝えたかったことは、「感謝」についてです。













mitosu



息子たちです。

私は、昨年のお店のオープン直前

11月末に誕生日を迎えました。



息子たち三人は、姿を自宅の鏡に映して

笑顔を作って、写真を、ラインにて送信してくれました。

なによりの、嬉しいプレゼントになりました。

ありがとね! 宝物です。ホント感謝です・・・!!!







そう・・・。

私は、夫や子どもたち 家族に恵まれ

あったかい親族にも恵まれ

友達にも恵まれ



お店を持ってからは

スタッフにも恵まれ

集うお客様にも、本当に恵まれているのです。



このことは、こころから、ありがたい、の一言しかないです。






セミナー終了後の公開質問でも

「どうやって、そんなに、人が集められたのですか?」

と、聞かれたのですが、



「思いを強く持って、旗を掲げていたら、自然にその背中にみなさんが集まってきた」

などと、抽象的な答えをしてしまいました。

うーん、はたしてよかったのかどうか・・・(^_^;)

セミナー参加の皆様、すみません。










私がこんなにも人に恵まれ

ハッピーでいることができるのは



母と、そして今は亡き祖父の

教えと生き方のおかげだと

ここのところ、強く思うようになりました。





お二人には

本当に

感謝の気持ちでいっぱいです。





まずは、母。

母には、小さいころから

「人の幸せを喜ぶ人になりなさい。」

と、いつも言い聞かされました。



「自分が幸せな時は、簡単かもしれない。自分がつらい時は、それは、なかなかできないこと。

どんな時も、人の幸せをこころから喜ぶことのできる人になりなさい。」

と、教えられました。






そして、その母を育てた、祖父。

母が20歳の時に、妻を亡くし

母の兄と母の二人を育てた祖父。




私が鮮明に覚えている祖父の口癖は

「私ほど幸せな人はいない。」

という言葉でした。




一人暮らしをしている祖父の家を訪ねると

いつもその言葉。

幸せそうな祖父といっしょにいると

私も本当に幸せで、たまりませんでした。




93歳でお亡くなりになる2日前まで

車をブイブイ運転し、ゲートボールを楽しみ

まさに、幸せな大往生でした。



私も、母や祖父のような

素敵な背中を見せていきたい・・・!

そんな思いがあるから、今があるのだと思います。




「私ほど、幸せな人はいない・・・!」

関わっていただいている全ての皆様に

感謝し、そして・・・

皆様が幸せになれるよう

力不足ながらも、こころから、応援していきたいです(*^_^*)






そんな思いで・・・・・

サミートス❤ やり続けていきますよ~(*^^)v



おじいちゃん、天国から見ていてくださいね・・・☆☆☆